2020.05.14

野菜中心の生活が良いのはなぜ?

家族みんなを元気にする「野菜中心」の時々ヴィーガンな食生活

「野菜中心の生活は身体にいい」という概念に、疑問を持つ人は少ないと思います。

健康寿命の延伸などの実現のために始められた「健康日本21(第二次)」では、生活習慣病などを予防し、健康な生活を維持するための目標値の一つに「野菜類を1日350g以上食べましょう」と掲げています。つまり、国が野菜の重要性を認識し、身体活動や運動をすることと並行して「みんな、野菜を食べた方がいいですよ」とわざわざ宣言しているんです。

ではなぜ野菜中心の生活が身体にいいのでしょう。

バランスのよい食習慣への改善が、生活習慣病の予防につながるとされています。同世帯の家族は、食習慣や食生活が同じになりやすいため、家庭の日々の食卓のメニューが、家族全員の健康に深く関係しているのです。たくさんの野菜を食事に取り入れ家族で楽しく健康に変わっていきます。

大切なのは普段から食生活を植物由来の食材中心にすること。
Puple Carrotのミールキットは野菜を楽しくおいしく取り入れて、忙しい中でも無理なく元気でいる力を高められるよう、さまざまな種類の野菜を摂取できるレシピだけを揃えています。
どんなときにも自分に負けない、健康で強い身体を作るため、植物由来の食生活は欠かせない要素となっているのです。

  • VEGAN

Other Topics他の記事を見る