2021.03.23

ヴィーガンとは?

ヴィーガンとは?

最近よく耳にするようになった「ヴィーガン」

「完全菜食主義者」とも訳される「ヴィーガン」は、肉、魚はもちろんのこと、卵や乳製品、ハチミツなど、一切の動物性食品を摂取しない人たちのことを指します。

ヴィーガンの人たちは、米や小麦などの穀物や、豆、野菜などの植物性食品を中心とした食生活を送ります。

 

ヴィーガンとベジタリアンの違いとは?

「ヴィーガンとベジタリアンはどう違うの?」

そのような疑問を持つ方も多いかと思います。

ヴィーガンが「完全菜食主義者」と訳されるのに対し、ベジタリアンは「菜食主義」の”総称”

ヴィーガンと異なり、ベジタリアンの中には、魚や卵、乳製品を食べる人もいます。

肉を食べないという点ではヴィーガンと同じですが、その他においては異なる部分が多くあります。

 

「ヴィーガン」が生まれた背景は?

このヴィーガンという言葉を初めて作ったのが、イギリスのドナルド・ワトソン氏。

肉、魚は食べないけれど、乳製品、卵を食べていたベジタリアンの思想に疑問を持った彼は、1944年にヴィーガン協会を設立。

あらゆる動物を摂取しない、新たな食生活の概念を作りました。

 

自分を表現するアイテムになる「ヴィーガン」

日本ではまだまだ馴染みのないヴィーガンですが、ニューヨークをはじめ、アメリカの都市部では当たり前の存在に。

街を歩けば、ヴィーガンカフェやヴィーガンレストランを多く目にしますし、フードトラックでもヴィーガンメニューを提供しています。

ミレニアル世代にとって、身体にも環境にも良いヴィーガンを選択することは、一つのファッションであり、オピニオン。
ヴィーガンを選択することが、自分を表現するアイテムにもなっているのです。

 

SDGsの影響もあり、日本でも徐々に注目されるヴィーガン

アメリカ都市部と比較すると、日本ではまだまだ馴染みのないヴィーガンですが、最近ではSDGs(持続可能な開発目標)の影響もあり、身体だけではなく、地球環境にも良い影響を与えるヴィーガンは、「サステナブルな生活を実践する上で重要な役割を果たす」という点で注目されています。

ヴィーガン商品を販売するオーガニックスーパーやヴィーガンカフェなど、普段の生活圏内でもヴィーガンに触れる機会が多くなってきたように思います。

「時々ヴィーガン」で実現するサステナブルライフ

全ての食事をヴィーガンにしなくとも、「時々ヴィーガン」になることで、身体にも環境にも優しい生活を送ることができます。

健康志向の高まり、また地球環境への危機感が高くなる中、「食」を通して持続可能な社会を実現させたい。

そのような想いで、Purple Carrotは自宅で簡単に作れるヴィーガンミールキットをお届けししていきます。

ヴィーガン料理を試してみたいと思ったら…

Oisixのご利用が始めての方限定で、ヴィーガンミールキットを試して頂けるお得な「おたおめしセット」を下記サイトで販売しています。

地球にも身体にも優しい「時々ヴィーガン」生活をお楽しみください。

  • VEGAN

Other Topics他の記事を見る