2020.11.19

簡単おもてなしヴィーガンレシピ「山芋と豆腐の和グラタン」

海外ではスーパーに行けば様々なヴィーガン食品が手に入ったり、レストランに行けばヴィーガンメニューが用意されていたりと、市民権を得ているヴィーガンですが、日本ではまだまだ馴染みのないもの。
このコラムでは、「時々ヴィーガン」を実践している人へのインタビューやヴィーガン商品のリサーチなどを通じ、ヴィーガンの魅力についてお伝えしていきます。

食欲の秋の到来!

いよいよ食欲の秋の到来。
イモ、栗、かぼちゃなど、秋は美味しくて栄養満点の食材が揃っています。
また、連休が多いこの時期は、友人との集まりが増えるシーズンでもあります。
今回はホームパーティーなどで使える、秋のヴィーガン食材を使用した大皿料理「山芋と豆腐の和グラタン」をご紹介します。

山芋と豆腐の和グラタン(調理時間25分)

INGREDIENT

 

  1. 山芋 300g (半分は角切りに、もう半分はすりおろす)
  2. 木綿豆腐 100g
  3. しめじ 100g
  4. ヴィーガンチーズ 100g (パン粉で代用してもOK)
  5. 塩コショウ 適量
  6. オリーブオイル 大さじ1
  7. 醤油 小さじ1
  8. 味噌 小さじ1
  9. パセリ 適量(細かく刻む)

 

INSTRUCTION

 

1
長芋を下準備する

長芋は皮をむき、半分は角切りに、もう半分はすりおろしておく。

時間の目安 5分
2
豆腐を潰す

ボウルに豆腐を入れ、形がなくなるまで潰す。

時間の目安 2分
3
しめじを炒める

しめじは石づきを取り、オリーブオイルをひいたフライパンでしんなりするまで炒め、軽く塩胡椒で味付けをする。

火の強さ 中火
時間の目安 4分
4
残りの材料を入れる

3に1の長芋、2の潰した豆腐を入れ混ぜ、弱火にかけながら味噌、醤油を加えて全体に馴染むまでよく混ぜる。

火の強さ 弱火
時間の目安 4分
5
オーブンに焼く

耐熱皿に入れ、ヴィーガンチーズをかけ、250度に予熱したオーブンで10分ほど焼き色がつくまで火を通す。最後にパセリを散らす。

時間の目安 10分

Point

今回はヴィーガンチーズを使用しましたが、お持ちでない方はパン粉で代用し、表面サクサクに仕上げるのも◎

簡単なのに豪華に見える!おもてなしヴィーガンレシピ

通常のグラタンは薄力粉を入れたホワイトソースを使ってとろみを出しますが、今回はホワイトソースの代わりに山芋でとろみを出しているので、グルテンフリーレシピとしてもおすすめ。

材料を混ぜて、オーブンに入れるだけで簡単に作れるのに、豪華に見えるホームパーティーなどにピッタリのヴィーガンレシピです。
秋の訪れを感じられる料理を食べながら、大切な人と楽しい時間をお過ごしください。

赤埴奈津子 | 空間&フードデザイナー

美容部員を経験後、渡仏しフランスの家庭料理を学ぶ。
帰国後WEBや広告のフードスタイリングやレシピ提案、イベントの空間スタイリストとして活動中。

saho | Purple Carrot Staff

「ヘルスコーチ」の資格を取得した際、ヴィーガンが身体や地球に与える影響について学んだこと、アメリカで暮らしていた際に多種多様なヴィーガン商品を目にしたことなどからヴィーガンに関心を持つように。ヴィーガンの魅力を伝えるために、時々ヴィーガン生活をしながら、Purple Carrotメンバーとして奮闘中。

  • INTERVIEW
  • RECIPE

Other Topics他の記事を見る